会社案内

HOME >> 会社案内 >> ごあいさつ

ごあいさつ

フレーバーはエネルギー

1912年(明治45年)の創業以来、当社は「敬天愛人」を経営理念に柑橘系天然香料を中心とする各種食品香料の研究開発に専念し続け、2012年には創業100周年を迎えました。
現在、私達が何気なく口にしている清涼飲料やお菓子・デザート等、多くの加工食品にはフレーバーが使われており、欠かせない存在となっています。しかし、フレーバーの持つ性質は調味料とは異なり、また小麦粉や卵のような食品のボディになるものでもありません。
法律上では食品添加物とされていますが、それだけではフレーバーを理解する上で充分とは言えません。では、フレーバーはどのような役割を担っているのでしょうか。
私達は、フレーバーを一種のエネルギーとして考えています。市場に広めるエネルギー源として特徴ある製品が必要です。その製品を特徴づけるものとして不可欠なものがフレーバーなのです。
日本フレーバー工業は、100年の歩みの中で築き上げた経験と実績を活かし、安全性と品質の確保に努めるとともに、日々多様化しているお客様のご要望にお応えします。そしてこれからの100年も高品質な製品を生み出していくために技術を向上し、社会に貢献できる企業として活動してまいります。

PAGE TOP